おデブが止まらない・・・生理前になると太る!というあなたへ

生理前になると体重が増えて、あせったことはありませんか?

いつも穿いているジーンズが急にキツくなったり、便秘気味になってお腹がポッコリ・・。遊びやデートの予定と重なると、調子が出ず憂鬱になってしまいますよね。

生理前に太るのは、女性にとっては自然な現象。生理開始15日目以降になると、女性ホルモンのひとつであるプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンが増えます。

このホルモンが強くなると、ニキビが増えたりイライラしたり・・といわゆる生理前症候群(PMS)の諸症状が出てきます。

プロゲステロンの影響で、カラダやココロに様々な不調が出る・・いっそのことそんなホルモンなくなってほしい!と思いますよね。

憎まれっ子のプロゲステロンですが、女性のカラダを妊娠しやすくする、という大切な役目を担っているんです。

妊娠に向けて体がものをためこもうとするので、むくみやすくなったり体重が増えたりします。

また、PMSの影響でやたら食欲が出るので体重増加に拍車がかかってしまう・・というわけなんですね。

生理が始まると体は排泄モードになります。体は太りにくくなります。特に生理開始6日~15日目までは最もやせやすい時期。この時期を利用すると、楽にやせることができるハズ。

この体の波を上手に乗りこなしましょう。

甘いものはダメ?生理前は何を食べる?

生理前は食欲も出ますし、イライラを食べ物で発散するのはよくあります。そんな時、あまり甘いものばかりに走ってしまわないように注意。

甘いものを食べると体が冷えてPMSを悪化させますし、情緒不安定になる原因にも。この時期に食べたいのは、食物繊維が豊富なもの。大豆バー、果物や野菜を使ったスイーツなどがおススメ。食物繊維で満腹感が得られるので、食べ過ぎを防げます。

また、ホールフーズもこの時期に食べたいもの。玄米おにぎりや全粒粉のパン、シリアルバーはお腹もちがよく太りにくいですよ。

生理前に体重が増えてもあせらず、1~2kgぐらいは許容範囲としてみては?生理が終わったらまたダイエットしたらいいんですよ~。

生理前はダイエットには不向き。やせやすい時にがっつりやせる、と割り切って自分のカラダと上手に付き合いましょう。