PMSの治療は特別なことじゃない

月経前症候群(PMS)という言葉も、最近ではすっかり浸透してきました。

10年前は、周りでも「PMS?何ソレ」という人が多くいました。生理前、何となく調子が悪い、という自覚はあっても、PMSというものの認知度がまだまだ低かったんです。

今はすっかり知名度も高くなり、「今PMSだから・・」と言ってもわかってもらえるように。ドラッグストアでも、専用のサプリメントや薬が売られていますよね。

また、医療機関でPMSの治療を受けている、という人も少なくありません。もう自分一人でガマンする時代ではない、ということです。

PMSって生理が始まると自然に消滅するので、つい放置してしまいがち。でも、本当にツライ時は、治療も考慮に入れてみては?

コレって婦人科に行くべき?PMSの症状チェックシート

【肉体的な症状】

  • 腹部の膨満感
  • 頭痛
  • 手足のむくみ
  • 乳房痛

【精神的な症状】

  • イライラ
  • 不安
  • 混乱
  • 抑うつ
  • 怒りの爆発
  • 社会からの引きこもり

※参照元:ガイドライン婦人科外来編

PMSと婦人科で診断される基準は、

  • この中で少なくとも一つの症状が、過去3ヶ月、生理前の5日間で見られる。
  • 生理開始後4日以内に症状がなくなり、13日目までに再発しない。
  • 日常生活に支障をきたしている。

という場合だそうです。

本当に大切なのは?

PMSと診断されるのは上記のような症状があった場合ですが、本当に大切なのは自分がツラいと感じるかどうか、ということ。

よく「生理は病気じゃないから」という言葉に縛られて、耐えに耐えて苦しい思いをしている人も少なくありません。そういう方を救うための治療、ということなんですよね。

ただ、薬の服用には必ず副作用があることは知っておきたいですね。

薬は症状を和らげることはできますが、根本的な解決ではない、ということ。風邪をひいたりして抗生物質を飲むと、体の悪い菌だけでなくいい菌まで殺してしまう、というのと同じ原理だと思うんです。

なので、治療をきっかけに生活習慣を見直す、などトータルで改善できればいいですよね。

基礎体温をつけるのもひとつの方法。自分のリズムを把握しておくというだけでも、気持ちが違うハズ。体温だけでなく、その日の気分もメモ程度に記録しておくとか。ちなみに私はイライラがキツい時はドクロマークを描いてました(^^;)

bones-160643_640