PMSを改善するにはアロマが効く?

つらいPMSの症状、できれば薬などを使わず自然な方法で改善したい、って思いますよね。

女性のカラダは毎月一定のリズムによって、排卵したり生理を迎えているのはご周知の通りです。

それは女性ホルモンの働きによるものですが、そのホルモンバランスが崩れると、PMSの症状を引き起こすと言われています。

人間が本来持っている自然治癒力を引き出すアロマテラピー。もちろん女性特有のトラブルに効くアロマ、というのもあります。

「気休めじゃないの?」という声も多いかも。

でも、より自然な方法で、生理前の不調を和らげたい・・・そういうあなたにはアロマテラピーがぴったり。

好きなコロンの香りをかいでハッピーになったり、お茶の香りでリラックスしたり・・

そんな経験って誰にでもきっとあるハズ。

女性ホルモンは、脳の視床下部という部分からの指令で分泌されています。

鼻孔を通って脳にダイレクトに届くアロマは、ホルモンバランスを整えPMS改善に効果がある、というわけなんです。

PMSの症状におススメのアロマオイルを紹介します。

ベルガモット

ミカン科の植物であるベルガモット。香りも柑橘系で、アロマテラピーは初めてという方にも取り入れやすいオイルです。

生理前のストレスや情緒不安定な状態を和らげてくれます。

クラリセージ

シソ科の植物で、PMSの他にも生理不順や更年期障害など、女性特有の不調全般に効果があるオイルです。分娩時の痛みを和らげるために使われることもあるそう。

生理前の落ち込みや、疲れを改善してくれます。

パチェリ

メンタル系の不調全般に使われるオイルで、気持ちを落ち着かせる働きがあるパチェリ。生理前のマイナス思考や、不安感に効きます。

少しクセのある香りで、好き嫌いがはっきりわかれるかも。また、シミになりやすいので直接衣類に振りかけるのはやめましょう。

グッズがなくても簡単にアロマを取り入れる方法

アロマポットやキャリアオイルがない!という時でも、手軽に楽しめる方法があります。

器にお湯をはり、数滴たらして香りをかぐ

お湯にオイルを垂らすと、香りが充満しやすく効果もアップします。
そのままルームフレグランス代わりに置くのもいいですが、直接香りをかぐようにすると効果的です。

外出前にハンカチに数滴

オイルをたらしたハンカチを持ち歩くと、外出先でも気分転換ができますし、リラックス効果も得られます。
時々バッグから取り出して匂いをかぐようにしましょう。

水に数滴たらしアトマイザーでシュッシュッ

アトマイザーにオイルを数滴たらすと持ち運びできて、便利です。
気がついた時にシュッとして、リフレッシュ。ルームコロンにもなります。

直接クンクンしてももちろんOK

アロマオイル選びの大原則は自分の好きな香りかどうか。苦手な香りを使い続けると逆効果です。

まずは自分が好き!と思うオイルを探すことから始めてみてはいかがでしょうか?